セフレを作っちゃう女性とは

29才女性のセフレ体験談告白

年齢:29才
職業:文具店勤務
出会い:合コン
メモ1:セフレは別れた元カレ
メモ2:元カレと今カレは友人同士

2人では会わないが、友人を交えて飲む事が多い29歳のユリ(仮名)さん。
文具店で働く彼女だが、制服を脱げばセクシー系の子。
痩せていて巨乳という事で、自分の武器を良く分かっている感じがする。

 

ある時友人が泥酔した為、2人でゆっくり飲んだ事があった。
その時初めてセフレがいると聞き、その相手を聞いてビックリした。
なんと数年前に別れた元カレがセフレだという。
『えっ?だって・・・』と思わず言葉を失った理由は、今カレと元カレは友人同士だから。
ユリがだいぶ酔っ払っていたので、ネタ用に深く聞いてみた。

 

元カレとはあまり面識はないが、今カレとは面識がある。
『何が不満なの?やっぱり相性?』
『なんかぁ〜Mなのよぉ〜カレ・・・』
根本的にM同士だから相性はダメらしい。
でももっと大きな理由は、今カレの『女はこうあるべき!』という思考にあるとか。

 

今カレは彼女がグイグイ誘ってくるのがダメらしい。
騎乗位で腰なんて振られたら、萎えるほどダメだという。
Mのくせに女が卑猥に行動するのが苦手らしい。

 

元々Mなユリは元カレにアレコレと仕込まれている為、相手の為にと自ら動いてしまう。
『舐めて欲しい?』と誘ってみたり、騎乗位や正常位でも腰を動かしたり。
良かれと思っていた行為を完全拒絶され、当初は酷く落ち込んで悩みもした。
それを元カレに話すと・・・『じゃ俺が』となってしまったとか。
ヤリ馴れていた元カレとのエッチでストレスも感じなくなり、昔以上に楽しめるようにも。
今カレとも喧嘩をしなくなったり、カレの為の抑えたエッチも出来るようになっていった。

 

『じゃー今カレと別れて元カレと復縁したら?』
『それは無理!アイツ全然仕事しないし!』
ヨリを戻す気は全く無いらしいが、体の相性だけは抜群らしい。
『もしバレたら?』
『そりゃ〜別れるわよ!もう2人とは会えないでしょ!』

 

言葉の端々で感じたのは、今カレへの不満。
今カレは頑固に彼女の気持ちを聞こうともしないし、こうあるべきだという考えを曲げない。
恐らく今は好きだという気持ちがあるから付き合っているが・・・続かない気がした。
性欲を外で発散しているから優しくもなれると言っていたのは、浮気をしている人共通。

 

※サイト作成時の為、管理人が本人に直接話を聞いて書いております。

29才女性のセフレ体験談告白関連ページ

21才女性の体験談告白
21歳で学生の女の子が付き合っているセフレとの出会いから関係などの体験談を告白。