セフレがいる人の告白・投稿

32才男性のセフレ体験談告白

年齢:32才
職業:公務員
出会い:イククル
メモ1:かれこれ6年のセフレ関係
メモ2:セックスを叩き込まれたらしい

セフレがいる人を探していたところ、友人の紹介で知り合いました。
32歳で既婚者、名前は仮名で鈴木さん。
詳細は書けませんが、割とお硬い職種の公務員です。
初対面ではセフレがいるような印象は無く、真面目な人というように感じた。
鈴木さんは女性経験が3人。

 

26歳の頃、友人の薦めでイククルという出会い系サイトを使用。
そこで4つ年上の女性と出会ったようです。
女性に対してあまり免疫が無く、どちらかといえば不慣れだった鈴木さん。
気持ちでは『女遊びをしたい』とは思っていても、いざ行動すると腰が引けるらしい。

 

そんな鈴木さんを可愛いと4つ年上の女性は感じたようです。
女性には彼氏がいたので、変な気分のまま数回食事へ。
ある時女性の方からホテルへ誘い、初めてエッチをしたという。
ガチガチに緊張してて、情けないほど何も出来なかったと言っていました。

 

でも女性の方が手慣れていて、不慣れな鈴木さんに手解きをしていく。
クンニの仕方や腰の動かし方など、その女性に言われるがまま学んでいった。
この女性と出会ってハッキリと自覚したらしいが、鈴木さんはMっ気が強い。
女性はSっ気があって、しかも年上という事で、良い関係になったらしい。

 

何となく・・・でセフレになっていき、会えば食事をしてホテルに泊まる関係へ。
気が付けば2年が経過し、その女性は彼氏と結婚。
潮時かなと思ったようだが、女性の方が別れる素振りがなかったらしい。
『イイの?』と聞いた事があり、『だって彼とは気持ち良くないんだもん』と言われたらしい。
『彼女作っても文句言わないから』そう言われていた鈴木さんは、その1年後に念願の彼女を作る。

 

興奮気味に初めて彼女とエッチしてみると、セフレとは比べ物にならないほど良く無かったらしい。
まだまだ出会ったばかりだし・・・と言い聞かせながら過ごしていたが、やはりセフレとの方が楽しいとか。
結局性欲に負けて、セフレと別れる事が出来ない鈴木さん。
そしてその彼女と婚約し、めでたく結婚式を挙げる。
それでもセフレとの関係を断ち切れなかったらしい。
今でもセフレとの関係は続いていて、1〜2週に1回程度で会っているようです。

 

『僕みたいな晩熟の男には、出会い系は最高だと思います。』
鈴木さんはそう言っていました。
女性に声を掛ける事さえできない鈴木さんは、メールだったから会話が出来たと言っていた。
運良く相手に出会えたからそう思うのだとは思いますが、キッカケとしてはよく聞く話です。

 

※サイト作成時の為、管理人が本人に直接話を聞いて書いております。

32才男性のセフレ体験談告白関連ページ

24才男性の体験談告白
24歳のサラリーマンが自身のセフレとの赤裸々な体験談を告白。出会いからどのようにセフレになっていったのかを投稿。
62才男性のセフレ体験談告白
なんとビックリ!62歳でセフレがいる男性の体験談です。もうオジイチャンと呼ばれる年齢なのに、20代のセフレがいるというツワモノの体験談。
28才男性のセフレ体験談告白
28才のサラリーマンがなぜセフレを作ったのかを体験談形式で告白。やはり体の相性が決め手だったらしい。
35才男性のセフレ体験談告白
セフレが実際にいる人達による体験談の告白・投稿【男性編】です。26歳で2児の人妻と出会い系で出会い、変態プレーを思う存分楽しんでいる男性です。